教養のための学問をするブログ

教養を身につけるという目的で様々な学問を勉強していくというスタイルのブログです。あと現代社会の様々なトピックをもとに雑談もします。教養を身に付けて国際人になろう!! 

当ブログは「人気blogランキング」に参加していますので、人気blogランキングに投票するを、クリックお願いします。

<< 岩波文庫を読んでみよう。 | TOP | ASIAN KUNG-FU GENERATION (アジカン) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
まずは経済学じゃー!!
経済学はとっても奥が深いです。経済学は色々な分野があります。例えば、経済史、経済学史、数理経済学、ミクロ経済学、マクロ経済学、計量経済学、などいっぱいです。

ここでは主に俺が勉強したミクロ・マクロ経済学と経済学のための数学について勉強した本を紹介していきます。あと勉強方法についても紹介していきます。
公務員試験で経済学(ミクロ経済学 マクロ経済学)を受験する方は参考にしてみてください。

まずは一般的な教科書である伊藤のミクロ経済学を読んだんですけど、限界消費性向とか平均費用曲線、限界代替率な聞きなれない言葉がでてくるので最初はちょっと戸惑いました。 二回ぐらい通読してやっとミクロ経済の概要がつかめてきました。しかし、俺の場合はグラフの意味がどうしても納得できなかったので数学的に経済モデルを紹介している本を図書館やネットで探していました。 それで見つけたのが、入門編 テキスト経済数学テキスト経済数学です。この本を二冊同時に買ったんですけど、高校生でも分かるような簡単な数学を使って経済モデルを説明しているのですごく、理解しやすかった。
入門編テキスト経済数学がマクロ経済学、テキスト経済数学がミクロ経済学を解説しているので必要な方をやりましょう。

公務員試験を受ける方でなかなか経済学が理解できない方(IS-LM曲線、総需要曲線など)はこの二冊をやってみてください、経済理論の本質が理解できます。 中学程度の数学知識があれば読めます。微分の説明もあるので大丈夫です。

あとスティグリッツのスタディーガイドだけやりました。スタディーガイドのいいところは上の本では紹介されてない少し高度な理論の説明があるので知識の漏れを補うことができます。

このあとに問題演習をしたいと思って色々参考書を探したんですけど、なかなかいいのがないんですよ。 しかし、ある日ネットで公務員試験用の過去問を経済学の問題演習用のテキストとして使っているという記事を発見して、スーパー過去問ゼミ ミクロ経済学を買ってやってみたところ、理論の説明とかなり詳しい解説が載っていてすごく役にたちました。

これと同じ方法でスーパー過去問ゼミ マクロ経済学もやりました。 俺的にはマクロ経済学の方が面白いと思った。

あと経済学を学ぶ上で数学の知識はすごく必要だと分かりました。 そこで現在マセマの数学シリーズと、旺文社の問題集をやっています。 数学は難しいけど楽しいですね。
数学ができないと教養があるとはいえませんね。 笑 

あと経済学の基本的な教科書を紹介しておきます。 日本人の経済学者が書いた教科書の方が海外の経済学者が書いた教科書より薄くて読みやすいです。 有名なもので、伊藤元重、マンキュー、スティグリッツ。 
俺の学校では伊藤元重の教科書を使ってました。

| 経済学 | 13:46 | comments(0) | trackbacks(5) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 13:46 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://economist7727.jugem.jp/trackback/2
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/04 2:50 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/04 5:04 PM |
http://mick701.info/49532D4C4D8BC890FC/
IS-LM曲線IS-LM分析(あいえす えるえむぶんせき)とは、国民所得と利子率を基準にして、財市場と貨幣市場の同時均衡を分析することである。縦軸に利子率、横軸に国民所得をとり、 ''IS曲線とLM曲線の交点''を求めることになる。この分析は、ジョン・メイナード・ケイン
| 経済学のことを知ろう | 2007/10/10 1:53 PM |
公務員試験の参考書 1
公務員試験の参考書 1公務員試験の受験勉強ですが、参考書(テキスト)を読み進め、並行して対応する問題集を解き進め、問題集を3〜4回程度繰り返すことが基本です。また、出題数の少ない科目も、負担の重くならない参考書・問題集を選んで2回は繰り返し、捨て科目
| 公務員試験情報 | 2007/12/19 2:38 PM |
一期一会
勝手気ままな日記。
| 一期一会 | 2008/03/18 11:39 AM |