教養のための学問をするブログ

教養を身につけるという目的で様々な学問を勉強していくというスタイルのブログです。あと現代社会の様々なトピックをもとに雑談もします。教養を身に付けて国際人になろう!! 

当ブログは「人気blogランキング」に参加していますので、人気blogランキングに投票するを、クリックお願いします。

<< 女子アナ | TOP | 大学受験用 オススメ参考書リスト(筆者が過去に使用したやつでいい感じのやつ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
読書と教養
大学に入ったら、いろんな学問に接するべきだと思う。
なぜなら、いろんな学問に触れることによって柔軟な考え方ができるようになるからである。
例えば、俺は経済学部に在籍中であるけども、経済学以外に、物理学、法学、数学、哲学、論理学に興味がある。 純粋に学問をするのは何ともいえないすがすがしい気分になる。




読書をしましょう。 何を読めばいいか分からないときはとりあえず、川端康成、太宰治など名作と呼ばれるものを読んでみましょう。 あとは自分で本屋や図書館に行って色々本を探しましょう。
 
読書をすると教養が身に付きます。 教養があると心が豊かになると共に柔軟な考えができるようになります。 少しずつでいいので読書をするようにしましょう。

あと、自分が専攻している学問(経済学部なら経済学)以外にも興味がある学問をどんどん勉強しましょう。 数学、物理学、天文学、数学、化学、法学、政治学、文学、論理学、哲学、経済学などいろいろな学問に接するようにしましょう。 最初は簡単な本からやりましょう。本格的に勉強しなくても接するだけでも柔軟な知識が身に付くと思います。 でもある程度深いところまでやったほうがいいと思います。

俺の場合は(経済学部)、数学、天文学、文学、哲学、論理学というふうに興味のある学問を一通り勉強してみました。
| 読書(文学) | 17:49 | comments(0) | trackbacks(2) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 17:49 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://economist7727.jugem.jp/trackback/22
トラックバック
新説チェーザレ・ボルジア伝
ここの蕎麦は、つなぎにオヤマボクチという植物繊維だけを使う。 作者の惣領冬美が、まだ翻訳が出ていない『サチェルドーテ版チェーザレ・ボルジア伝』を精査。 このイタリア語原著は、世界的に最も定評があるものらしい
| 新説チェーザレ・ボルジア伝 | 2007/03/11 9:11 PM |
イチロー選手のバッティングからゴルフスイングを考える
誰でも、このゴルフの『法則』を遵守すれば、ゴルフがやさしくなります。そして上達が加速します。(現在99.9%)伸び悩んでいるプロゴルファーの方もどうぞ!田中秀道プロもここで復活してPGAツアーへ復活してほしいですね。
| 「耳から」がゴルフの『理論』からゴルフの『法則』に変化しました。 | 2007/03/15 7:15 AM |