教養のための学問をするブログ

教養を身につけるという目的で様々な学問を勉強していくというスタイルのブログです。あと現代社会の様々なトピックをもとに雑談もします。教養を身に付けて国際人になろう!! 

当ブログは「人気blogランキング」に参加していますので、人気blogランキングに投票するを、クリックお願いします。

<< このブログのコンセプト | TOP | 今度は数学だー!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
最近読んで内容が良いと思った新書
最近読んだ新書は、読書力(岩波)、労働ダンピング(岩波)、国家の品格、コミュニケーション力(岩波)。

この中でもすごく良かったのは、読書力と、国家の品格だった。 読書力の内容はこのブログのコンセプトと似ているところがある。 とにかく読書をして教養と呼ばれる知識を身に付けなければならないと書いてあった。読書によって日本人の文化のレベルが向上して経済的にも反映すると書いてあった。 

国家の品格は、今は何でも論理で解決できると思い込んでいるのが問題であって、論理だけでは解決できないこともいっぱいあると書いてあった。 もののあわれや情緒を大切にしないといけないらしい。 教養とはやはりこういうことなのかなーって思った。 だから芸術とかの勉強もこれからしてみようかなと思った。

あと労働ダンピングは今の雇用の実態が書いてあるので読んでみるといいかも。 派遣労働の規制緩和によって非正規雇用が増えて所得格差が広がっていることが論じられていた。 まさに格差社会である。 俺は経済学部なので格差社会をなくすにはどういう経済政策をしたらいいのか、またなぜ格差社会になってしまったのかをマクロ経済学的に分析してみようと思う。
| 新書・文庫 | 14:02 | comments(0) | trackbacks(2) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 14:02 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://economist7727.jugem.jp/trackback/3
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/04 5:14 PM |
国家の品格@藤原 正彦
昨年の流行語大賞をとった「品格」の本、 いまさらですがフォトリーディングです。
| フォトリーディング@Luckyになる読書道 | 2007/03/06 11:32 PM |